熊中・熊高創立120周年事業 大会組織図

母校支援復興部会 部会長 田尻 亮司(高31回)

「母校支援基金」は、母校の教育事業を支援するために創立90周年に設けられた「教育充実基金」が、100周年、110周年記念事業を経て継承されたもので、同窓会の皆様による母校の発展を願う支援を継続的に行う為の財政基盤であり、「母校支援基金」を代表とし、事業毎に「江原受験応援基金」、「イートン校サマースクール支援基金」および「江原支援金基金」を設けています。

また120周年事業としまして、母校の熊本地震からの復興を支援するため、母校支援委員会を中心に、学校と支援内容について協議を行っています。

江原会の主なる活動である母校支援が今後も継続的に行われるよう、「母校支援基金」へのより一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

社会貢献事業部会 部会長 鹿瀬島 正剛(高38回)

  • 調整中

記念事業部会 部会長 甲斐 文祥(高43回)

「記念事業部会」は、「野田寛先生墓地改修事業」と「正門・桜並木改修事業」の2事業を行っています。

「野田寛先生墓地改修事業」では、平成28年4月の熊本地震で被災した初代校長 野田寛先生の墓地改修を行いました。野田寛先生の墓地は、昭和29年に熊中卒業生有志により熊本市東区の健軍・神水墓地に造られ、ご遺族からも墓守を依頼されております。平成30年8月に竣工し、10月にはご遺族と共に墓地改修工事竣工披露会、11月には墓地改修工事竣工披露墓参を行いました。

「正門・桜並木改修事業」では、高5回の先輩方が行ってこられた桜並木の改修と想いを引き継ぎ、母校にて朽ちて伐採された後、平成31年2月に桜(ソメイヨシノ)の新植などの工事を行いました。今後、120周年に向け、正門となった石柱6本に込められた野田寛先生の思いや由来等、今後も母校在校生に伝えていくべきことと考え、正門の改修保全事業を進めて参ります。

芸能・芸術部会 部会長 伊佐坂 功親(高35回)

  • 調整中

募金部会 部会長 豊岡 秀人(高30回)

この度、募金部会長を仰せつかりました高30回(昭和53年卒)の豊岡と申します。宜しくお願い致します。

母校の創立120周年を迎えるにあたり、着々と準備が進められております記念行事や祝賀大同窓会、社会貢献などの記念事業が滞りなく行われますよう、また、130周年までの今後10年を見据えて予算の大半を計上しております現役生の学びの場の環境改善や学びの機会を広げることを目的とした母校支援および震災復興支援事業が継続できますよう、目標達成に向けて尽力したいと存じます。

つきましては、何とぞ本募金活動の趣旨にご賛同いただき、江原会会員の皆さまのご協力とご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

祝賀大同窓会 部会長 隈 志郎(高40回)

  • 調整中

記念品部会 部会長 平野 照雅(高45回)

同窓生から在校生まで喜んで頂けるような記念の品をご用意致します。120周年や熊本高校に由来する様々なキーワードから繋がりを持たせ、企画・製作・販売まで行います。定番の学年カラーネクタイから、熊中・熊高生の誇りをさりげなく施したもの、同窓生の協力を得て実現させたものもあれば、在校生とのコラボレーション企画の記念品もございます。それぞれに想いを込めた記念品を仕上げて行きます。

120周年を迎える年、ここでしか手に入らないプレミアムな記念品を1人でも多くの人に手にして頂き、使って、身に着けて、口にして、120周年を祝って頂きたいと思います。また、特別感がありながらも、普段使いも出来ることに意識し、購入した方々にとって多くの場面で活躍できることも目指しています。買って後悔はさせません。数には限りがあります。買わずに後悔しないように、120周年記念品をよろしくお願いします。

総務部会 部会長 松村 庸正(高38回)

総務部会では、周年事業が滞りなく遂行されますよう、各部会の予算、スケジュール管理をはじめ各部会間の連絡、調整を図ります。

また、この120周年は130周年へ向けての通過点であるという認識のもと、次に繋げるための記録や資料の整備も重要な責務と考えます。

この120周年大会が全国各地の江原会会員はもちろん在校生の印象に残る素晴らしいイベントとなりますよう精一杯努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

文書考証部会 部会長 清村 正弥(高29回)

  • 準備中

協賛事業部会

熊本江原会美術部会 部会長 合谷 信二(高29回)

  • 準備中

熊本江原会写友会 会長 鶴田 勝次(高10回)

  • 準備中

熊本江原会ゴルフ部会長 道脇 昭廣(高21回)

  • 準備中

熊本江原会水明会 会長 横山 依奈(高33回)

水明会は、2004年(平成16年)元会長出田ひろ先輩他有志の方々の「増えつつある女性同窓生も男性同窓生と同様縦の繋がりを持ちたい」といった思いから熊本江原会協賛事業部会の一つとして発足しました。

これまで毎年、夏は交流会、2月には様々な分野で活躍している同窓生による講演会(公演会)&懇親会を開催してきておりますが、2月のイベントには女性の同窓生はもちろん男性卒業生またそのご家族にも参加していただきました。

120周年には、より多くの皆様に喜んでいただけるイベントを開催する予定です。日程につきましては2020年(令和2年)秋ごろの予定ですが、内容は決まり次第このHP上に掲載させていただきます。皆様のご参加をお待ちしています。